投稿規定

投稿規定

日本臨床疫学会機関誌
ANNALS OF CLINICAL EPIDEMIOLOGY

投稿規定

⽬的と対象
Annals of Clinical Epidemiology(以下、「ACE」)は、日本臨床疫学会(以下、「本会」)が発行する査読付き英文誌である。 ACE は、「クリニカル・マインドとリサーチ・マインドを持つ医療者による質の高い研究を、ビッグデータを活用した研究などの振興と研究人材育成を通じて推進し、現在の医療が直面する諸課題の解決に貢献する」という本会のミッションに、論文刊行を通じて寄与することを目的とする。前項の目的に合致し、クリニカル・マインドとリサーチ・マインドを持つ医療者による投稿であれば、臨床の分野を問わず論文投稿を受け付ける。
投稿に関する基本原則
  • 論⽂はすべて英⽂とする。
  • 投稿論文は、他誌に掲載または投稿中でないものに限る。他言語からのsecondary publication は対象としない。
  • 筆頭著者および共著者は、The International Committee of Medical Journal Editorsの最新版統一投稿規定に示される役割を担った者に限る。
  • 投稿に際しては、本投稿規定ならびに"Recommendations for the Conduct, Reporting,Editing, and Publication of Scholarly Work in Medical Journals"(http://www.icmje.org/icmje-recommendations.pdf)に従うこととする。
  • ヒトを対象とした研究は「ヘルシンキ宣言(以後の改訂を含む)」の倫理原則に則り、 規制および法令に準拠した外部審査機関(倫理委員会、治験審査委員会など)に承認を求めるべきである。 (https://www.wma.net/what-we-do/medical-ethics/declaration-of-helsinki/)
  • 動物を使用した報告では、著者は各研究施設および国の実験動物の管理と使用についての基準に準拠したかどうかを表明しなければならない。
  • それぞれの研究デザインに沿った適切なガイドラインに従うべきである。(例:CONSORT(http://www.consort-statement.org/)、STROBE(https://strobe-statement.org)、PRISMA(http://prisma-statement.org)、STARD(https://www.equator-network.org/reporting-guidelines/stard/)など)
  • 利益相反に関しては、投稿時にその有無について本⽂中に開⽰し、掲載決定時にthe ICMJE Form for Disclosure of Potential Conflicts of Interest を提出する。
  • 投稿論⽂はすべて、査読者と編集委員の審査を基に、編集委員会が掲載可否、論⽂修正要否を決定する。
  • 採択された論文の権利等の帰属は本会のものとなるが、すべてクリエイティブ・コモンズ(CC-BY-NC-ND 4.0)ライセンスを表示し、公開する。
  • 採択された論文は電子媒体等に掲載する。
「負の結果」を示す論文の取り扱い
論文の目的・方法が適切であり、結果の記述が明快であり、結果に基づく考察が妥当である場合は、統計的有意差の有無にかかわらず、当該論文を掲載することとする。 一般に、「負の結果(negative results)」(=主要なアウトカムについて統計的に有意でない結果)を示す論文に対して、多くのジャーナルは不採択とする傾向があると言われる。そのため「負の結果」を示す論文は投稿されず、出版バイアスを引き起こすことが危惧される。ACEは、このような事態を避けて出版バイアスを防止することが、終局的には学術研究の発展に寄与すると考える。

論⽂種別
  • 本誌の論文の種別は、Original Article、Review Article(依頼・投稿)、Study Protocol、Short Report、Letter to the Editorとする。 症例報告は受け付けない。
  • Short Reportは小規模な研究や初期段階にある研究の投稿を対象とする。これらには、単純な研究デザインまたは小さなサンプルサイズを利用し、限られたパイロットデータと、さらなる調査の必要性を示す予備調査等を含む。
  • Letter to the Editorは本誌出版論文への意見を対象とし、対象論文発行後4週間以内とする。

論文種別ごとの、単語数、文献数、図・表は以下の通りとする。
論文種別 単語数(本文) 図・表 文献 抄録文字数 Keywords
Review Article 4,000 words 制限なし 制限なし 250 words 3-5個
Original Article 4,000 words 制限なし 制限なし 250 words 3-5個
Study Protocol 4,000 words 制限なし 制限なし 250 words 3-5個
Short Report 1,500 words 3個まで 20個まで なし 3-5個
Letters to the Editor 500 words 1個まで 5個まで なし 3-5個
Abstract、Figure Legends、References は単語数に含まない。

Original Article、Review Article、Study Protocol、Short Reportについては、投稿時に論文の領域を指定すること。多領域にまたがる場合は、2 つ以上指定しても構わない。下記からカテゴリーを選択し、カバーレターに記載すること。
1.内科学 2.小児科学 3.皮膚科学 4.精神神経学 5.外科学 6.整形外科学 7.産科婦人科学 8.眼科学 9.耳鼻咽喉科学 10.泌尿器科学 11.脳神経外科学 12.放射線科学 13.麻酔科学 14.病理学 15.臨床検査医学 16.救急医学 17.形成外科学 18.リハビリテーション医学 19.看護 20.介護 21.歯学 22.その他
原稿の作成
1. 一般的事項
  • 原稿はMicrosoft Word で作成し、Word 2007 以降であれば、docx format で、それ以前のバージョンであれば、doc format で保存する。
  • 原則として 文字は12pt. で 、行間はdouble space とする。
  • Times New Roman やArial などの標準的な書体を使用すること。
  • 上部、下部、横の余白は25.4 ㎜(1 インチ)に設定すること。
  • 提出ファイルごとにすべてのページの右上にページ番号を記載すること。
  • 提出ファイルごとにすべての行に行番号をページの左側に記載すること。ページごとに行を1から改める必要はなく、Title pageからつなげて良い。
  • 薬品名は一般名で記載すること。
  • 一般的な略語、頭字語のみを用いる。これらは表題で使用しないこと。略語を用いる場合は、初出の際に省略しない語を記載し、括弧内に略語を示すこと。ただし、本文中で5 回以上使用される場合に限る。
  • 数字はアラビア数字を用い、整三桁ごとに「 ,(カンマ)」を記載すること。
  • 長さ、高さ、重量、容積の測定値はメートル法単位(メートル、キログラム、リットル)またはその10 の整数乗倍で報告する。
  • 検査値は一般的に使用されている単位系か国際単位系 [International System of Units: SI] で記入すること。
  • 本文、図表内ではリットルを大文字 “L” とすること(g/dL, mg/dL, IU/L, mg/dL, mEq/L)。
2. Cover letter
以下の内容を漏れなく記載すること。
  • 論文の種別
  • 論文の領域
  • 論文の簡単な説明
  • 二重投稿でない旨の宣言
  • 利益相反の開示
  • 助成金、研究費の情報
  • 著者全員の役割
3. Manuscript
Manuscript は次の順番に配置すること:(i)Title page, (ii)Abstract, (iii)Main Text, (iv)References, (v) Figure Legends
3-1. Title page
以下の内容を漏れなく記載すること。
  • 簡素且つ説得力のある論文タイトル (200 文字以内、スペースも含む)
  • 欄外表題(running title)、ただし60 文字以内
  • 著者全員の氏名、最高学位、所属先
  • 各著者の所属先
  • 責任著者(corresponding author)の名前、所属施設、住所、電話番号、E-mail アドレス
  • インデックス作成に使用できる3〜5 個のキーワード
3-2. Abstract
次の構成にすること:Background, Methods, Results, Conclusions
3-3. Main text
  • Original Article 、Short ReportはIntroduction, Methods, Results, Discussion, Conclusionsで構成すること。
  • Review Article、Letter to the Editorは特に形式は問わない。
  • Study ProtocolはIntroduction, Methods, Discussionを基本とし、適宜他のサブタイトルを追加してもよい。
  • 全ての論文において、Main textの後に, Conflict of interest, Acknowledgements(必要に応じて)を記載すること。
  • ICMJE の規定する著者の基準に満たないものはAcknowledgements に記載すること。研究助成についてもAcknowledgements に記載すること。
3-4. References
  • 文献番号は本文中での出現順にアラビア数で番号を付けること。本文中には文献番号をカギ括弧で記載すること。(例:[2, 13][6-8, 22])
  • 以下に従って参考文献を記載すること。なお、記載方法は、AMA Manual of Style (https://www.amamanualofstyle.com/)に準ずる。
    雑誌:1. 著者名 2. 論文名 3. 雑誌名(イタリック) 4. 発行年 5. 巻数 6.頁(開始ページと終了ページ)の順に記載する。
    (例)Yasunaga H, Horiguchi H, Kuwabara K, Matsuda S, Fushimi K, Hashimoto H, et al.
    Outcomes After Laparoscopic or Open Distal Gastrectomy for Early-Stage Gastric Cancer.Ann Surg 2013;257:640–6.
    単行本(Ex. 2):1. 著者名 2. 書名 3. 引用ページ 4. 発行年 5. 発行所 6. 発行地の順に記載する。
    (例)Fletcher RH, Fletcher SW, Fletcher DS. Clinical Epidemiology: The Essentials.
    5th Edition.pp. 11–28, 2012, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, USWeb ページ: 1. 著者名 2. Web ページ名 3. URL 4. 参照日付 の順に記載する。
    (例) World Health Organization. International Classification of Diseases. Available from:http://www.who.int/classifications/icd/en/, Accessed 2018 Aug 13
  • 著者または編者が6 人までの場合は、すべての著者を記入する。7 人以上の場合は、最初の6 人を記入し、7 人目以降は et al. とする。
  • Index Medicus に掲載されている雑誌については名称の略語を使用すること。掲載されていない雑誌については、英文誌のフルネームを記載する。
  • 本文が英語で執筆されていない場合には、雑誌の原語名を使用し、最後に “(in language)”と記載する。
4. Figures / Tables
  • 本文中にFigures/ Tables を組み込まないこと。
  • Table/ Figure/の番号は本文中での出現順にアラビア数で番号を付けること。
  • 本文中には例のように記載すること。(例:Fig. 1, Table 2)。
  • 小分類を必要とするときは、アラビア数字に続いて、アルファベット小文字を使用すること。
    (例;Figure 1a, Table 3c)
4-1. Figure
  • Figureファイルはmanuscriptと別に送ること。ただし、Figure Legends はReferenceの後にページを分けて記載すること。
  •  TIFF, GIF, PNG, JPG, JPEG フォーマット、カラーモードはCMYK とする。原稿の解像度として、グレースケール、カラーともに350dpi 以上を必要とする。
  • 電子媒体は原則カラーで掲載し、紙媒体の際、白黒で掲載する。(但し、著者または編集委員会からの要望があればこの限りではない。)
  • 既に掲載されている出版物を利用する際には、出版元や著者から得た許可書を提出すること。許諾にかかる費用は著者負担とする。編集委員会が許諾申請することはない。
4-2. Table
  • Tableファイルはmanuscriptと別に送ること。Table に縦線は入れないこと。各Table に脚注を記載し、Table 中で使用されている略語のフルスペルを含めること。
  • Table は本文中の内容を補足する重要なものであること、またTable のみで意味が理解できるようにすること。
英文校正
英語を母国語としない著者の場合、投稿前にネイティブ・スピーカーによる英文校正を受けること。最終原稿提出後に、英文校正受けた証明書の提出を必要とする。
投稿の方法
  • 論文投稿は、E-mail (clinepi_adm@www.heer.m.u-tokyo.ac.jp)で添付ファイルにてACE編集部に送付すること。
  • メールのタイトルは「ACE submission, 筆頭著者名, 論文タイトル」とする。
  • 投稿論文は1. Cover letter, 2. Manuscript, 3. Supplementary Appendix. 4. Table(s) 5. Figure(s)
  • 容量が大きく、添付ファイルで送れない場合は、クラウドサービスなどを利用してもよいが、情報管理などは自己責任で行うこと。
  • 投稿確認後、受理をメールにて通知する。7 日間以上経過しても、編集部から受理通知が届かない場合は、編集部までメールで連絡して下さい。
論文の改訂(Revision request)
  • 編集員、査読者の勧めで論文の改訂を求める場合がある。論文の改訂の承認する場合は、期日までに改訂版をメールにて再度提出すること。改訂版の投稿をしない場合は、その旨を編集部までに連絡すること。
  • 改訂版の提出の際には以下の点に注意すること。
     修正点に下線を引くこと
     削除点に関しては、Response letterにその旨を記載し、修正原稿から削除してよい
     再提出時に、Response letterと修正原稿の提出のみでCover letterの提出は不要である。
利益相反の自己申告
論文を投稿する際には、すべての論文著者は、論文内容に関する特異的な金銭的利益を含む潜在的な利害関係を報告しなければならない。論文が採択された後に、the ICMJE Form for Disclosure of Potential Conflicts of Interest の提出を求める。
開示が必要な事項は以下のとおりとする:
  • 雇用、役員、顧問職:年間100万円以上
  • 株式やストック・オプションの保有:年間100 万円以上の利益、または当該株式全体の5%以上保有
  • 特許使用料:年間100万円以上
  • 謝礼金(講演料等):年間50万円以上
  • 宣伝用資料費(原稿料等):年間50万円以上
  • 研究費:年間500万円以上
  • その他(研究とは無関係な旅行、贈答品):年間5万円以上
著者校正
  • 採択された論文について、校正刷りを行う。著者校正は1 回のみとする。
  • 校正では、字句の誤りのみを訂正すること。内容にかかわる変更は、Editor in Chief の許可が必要となる。
掲載料
  • 論文の採択後、掲載料10 万円(税抜き)が責任著者に請求される。
  • ACE はオンラインジャーナルのため、別刷は作成しない。
著作権の譲渡
  • 論文が受理された時点において、該当論文の著作権が本会に帰属する。掲載決定後に、著作権の譲渡承諾書を提出すること。
  • 原稿はすべてクリエイティブ・コモンズ(CC-BY-NC-ND 4.0)ライセンスを表示し、公開する。詳細は  https://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/4.0/deed.en を参照。
本誌編集部
〒113-0033 東京都文京区本郷7-3-1
東京大学大学院医学系研究科臨床疫学・経済学教室内
E-mail: clinepi_adm@www.heer.m.u-tokyo.ac.jp

編集長:康永秀生
東京大学大学院医学系研究科臨床疫学・経済学教授

改訂歴
2019年4月1日 初版
2020年10月6日 第1回改訂
2021年4月20日 第2回改訂