学会連携委員会からのメッセージ

学会連携委員会 担当理事
川上 浩司(京都大学)

日本臨床疫学会は、臨床医たちが、日常より有している臨床疑問を解決するために、主として観察研究としての臨床研究である臨床疫学研究を実施する技能を習得し、仲間を増やし、切磋琢磨して学術の推進とともにひいては日本の医療や社会に貢献することを目標として設立されました。
 それぞれの診療領域には、基礎研究だけではなく、臨床研究に関心があり、研究を実施されている先生方も多いと思います。とはいえ、自身の専門とする診療科目の専門家内での議論だけでは、他領域からの意見を受けてのさらなる研究アイデアの発展や、研究手法の深化に限界があるかもしれません。そこで、学会連携委員会では、本学会と、各診療科の臨床学会や、医師職以外の医療系学会とも連携を密にして、横断的な研究の議論や、教育の機会を積極的に設けていきたいと考えています。
 自らの世界を広げて、臨床疫学をテーマに越境(えっきょう)しようという志のある先生方の参加を心よりお待ちしています。